教員がつれづれに書いたブログ

テーマは、教員採用試験・東京近辺のレストラン・外国生活・日々の気づき

平成31年度までの東京都教員採用試験の受験者・倍率の推移について

平成31年度教員採用試験実施結果が発表

平成31年度教員採用試験の結果が発表されました。ここでは,平成27年度試験から5年間の応募者数,受験者数そして倍率の推移をみていきたいと思います。

www.kyoiku.metro.tokyo.jp

受験者数は4年前と比べて40%減

驚くべきことに,受験者数は3年前(平成27年度実施)と比較すると40%減少している。平成27年度実施では1,069人の受験者がいたが,本年度は640人。率にして40%以上減少している計算になる。生徒数は漸減しており,公立校の受け入れ定員が減少しているとはいうものの,受験者数の急減はそのまま倍率に直結しているようである。

f:id:hyamaz:20181020234118p:plain

 

倍率も2倍台に

前述した,受験者数減少のためか今年度の倍率も2.6倍と低くとどまった。おそらく,昨年度の採用で倍率が4.9倍と高止まりし,受験生が集まらなかった結果だと考えられる。

f:id:hyamaz:20181020234503p:plain

今年の倍率を受け,来年度の倍率は3倍台を回復しそうであるが,景気の後押しや新卒売り手市場の影響を受け,教員採用試験の倍率は急増はしなさそうな気配である。今後AIによって多くの仕事が取って代わられていくという予測の中で,今後も変わらず需要が見込まれるのが教員という仕事である。確かに,休みは少なく気苦労は多く,儲かる仕事ではないが,その分やりがいはある。私自身は,もともと地方で公務員をしていたが,現在は教員となっている。公務員時代のゆったりとした土日休みや毎日の夜のランニングなど,余暇の時間は懐かしくあるが,それでも日々楽しく過ごしている。

 

自分の実力のなさにやめようと思ったことも多々あるが,それでも,昨日より今日,今日より明日と頑張っているつもりだ。興味がある方はぜひ,採用試験にチャレンジしてほしい。下は最近読んだ本。

左側の日野田さんの本では,これから我々をとりまく世界が大きく変わっていく中で,従来の教育観を見直し,「どのようなマインドセットが必要になるか」について論じているところを非常に楽しく読ませていただき,とてもアツい気持ちになりました。30代で大阪の公立校に民間人校長として赴任してどのように学校を変えてきたか,そのリーダーシップのあり方についてもうかがい知ることができます。

右は最近はやりの「エビデンス」ベースの教育に触れる本です。「データ」に基づいて「子供をご褒美で釣ってはいけない」,「テレビやゲームは子供に悪影響を及ぼすのか」,「教員研修には効果はあるのか」などの疑問を検証しています。これまで,なんとなく判断されてきた教育をデータのバックアップを受けて客観的に論じています。教育はどうしても感情が先行する分野。今後エビデンスベースの教育がどこまで進むか関心があります。そのためにも,データに基づくPDCAの回し方を学んでいかなければと感じています。

 

 

 今日も,長文をお読みいただきありがとうございます。少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

東京都 教員採用試験2次試験 集団面接 個人面接 心構えとポイント(質問内容)

教員採用試験の2次試験の面接について

教員採用試験の日程を確認すると東京都の教員採用試験の2次試験が来週にあるようですね。一次試験に合格された方,おめでとうございます!ぜひ頑張ってください。

集団面接

私が受験した当時は先に集団面接があり,その後個人面接がありました。集団面接では生徒指導についての話をしたと記憶しています。

面接官(東京都教員採用試験の面接官ではありません)になって思いますが,こういった場では採用したい人を見極めるというより,「この人を採用したら大変だろうな~」という人を見極めるものだと感じています。

採用試験で一度採用してしまったら,採用を取り消したり,退職を勧告したりすることは容易ではありません。そのため,人の話を聞けたり,さらに他の人の話に加えて建設的な意見を述べたりできるか,逆に他者の人格を攻撃したり,常に否定的な発言をして対案を出さなかったりした場合には採用すべきではないと考えます。

もちろん,集団討論で議論をまとめたり発言が秀逸だったりして加点になる場合もあると思いますし,「ぜひ採りたい」と思わせる候補者もいることとは思いますが,どちらかというとネガティブチェックに活用するものだと認識しています。

個人面接

個人面接でも,前述の集団面接と同じネガティブチェックの要素は入ります。「挨拶」,「目を見て話す」,「言葉遣い」,「身だしなみ」などのコミュニケーション能力やマナーを有している方を採用したいという思いは共通だと思います。

また,学校運営や生徒指導に関することについても知識を有しているか,または自分で考えることができるかということを見る場合もあります。加えて思わぬ質問をされた際には素が出ると考えて,予期していない質問をしてみたりもします。そういった場合の反応も面接の重要なポイントです。

模擬授業または指導案については,一貫性を見ます。「なぜ?」そのような指導案を書いてその後はどのようにつなげていくのかというところは自然と疑問に思うところです。これに答えられなければ,本人が本当に考えた指導案なのか,またどこまで考えて作成した指導案なのかということについて疑問が生じます。指導案の中身も重要ではありますが,論旨の一貫性や各項目を策定した根拠という点が非常に重要だと思います。

些細な間違いについては評価がわかれるところで,私自身はあまり気にしませんが,気にする評価者(面接官・採点基準)もいるかもしれません。ただし,用紙の大きさの誤りや必要事項が記入されていないなどの漏れはネガティブな印象を持ちます。なぜなら,採用後もそういったミスをたびたび生じさせる可能性があるからです。

急いで指導案を作成したりすると誤字脱字や必要な項目に抜けが出てくる場合もあります。印刷後はもう一度,採用試験の要綱をチェックして見直しをすることをお勧めします。

 

社会について

世間で問題になっている「体罰」,「2022年からの成人年齢の引き下げ」,「2019年5月からの元号改定」,「東京都における熱中症対策」それに英語科教員としては今年の7月に出された高等学校外国語学習指導要領解説

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/07/13/1407073_09.pdf については内容を把握しておきたいところです。また,特に大学生の方は,「学校において何か問題が生じた際にはどのように対応するのか」ということを理解しておくことは非常に大事だと思います。学校内外で生徒が関わった問題は保護者の方は当然のこと,学校全体で把握する必要があります。そのことを踏まえどのように対応すべきかを簡潔に説明できるようになっておきたいものです。

 

最後に

私も大学卒業時に受験をするときは当然一回で合格したいと思っていました。しかし,正直なところ,大学4年時に合格をもらい,翌年すぐに正規採用されることが必ずしもその後にいい影響を及ぼすかはわかりません。

今回の甲子園,万年一回戦敗退を繰り返していた三重県の県立白山高校を就任6年目の東監督が甲子園に導き周囲を驚かせました。そんな東先生も数年間は講師として勤務されていたとのこと。講師時代だからこそ学べることもきっとあると思います。

そうはいっても,当然このブログを見てくださっている方も今回の試験での合格を目指していることでしょう。事前の準備はしっかりした上で,当日は自然体で自分の思うことを発揮できれば満足な結果が得られるのではないでしょうか。ベストを尽くして頑張ってください!

この投稿が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

私立の教員採用について

都立の教員採用試験に関するブログを書いている私ですが,結局現在は私立の学校で働いています。

 

都立の教員採用試験に合格した当初は某省で働いていて,国際関係に関わる部署に配属されたためそちらの方の仕事が面白くなってきたためお断りさせていただいたのですが,最終的には,行政ではなく直接教育に関わりたいという思いから,当時の職についたまま,たまたま常勤の募集が出ていた都内の私立学校を受験した結果,内定をいただいたことからそちらに奉職することとなりました。理由は英語力(英会話力?)と中高を通じてやってきた部活動だったようです。

 

職場の先生方は,素敵な方ばかりで,未経験の私もすぐになじめ,現在にいたっています。公務員時代とは違って,部活動による土日もない忙しさがありますが,充実した日々を過ごしています。

 

ちなみに私が募集を見つけたのはこのサイトでした。

すでにチェック済みという方が多いかもしれませんが,関心があればぜひチェックしてみてください。

www.shigaku.or.jp

投票率が国政に及ぼす影響 ―なぜ少子化対策は進まないか―

親になったので彼女が大人になるときに思いをはせ,将来のことをちょっと真面目に考えてみた。

「なぜ,少子化が進行し,大きな問題になっているのに老人の社会保障費や老人へのばらまきが増え,一向に少子化対策と教育投資が増えないか?」

強い言い方はあまり本意ではないが,関心を引くためにいうと,本来であれば財務省は教員定数を減らす前に老人への医療費補助削減をもっと進めるべきである。(うちの祖父母は農家で,80年以上365日休まず働き,贅沢はできなかったけれどもほとんど病院のお世話にならずに健康で過ごした。そして自分を含む彼らの孫は彼らが大好きだ!)

さて,本題に戻ると,前述の疑問の理由の一つは選挙に影響を及ぼす"票"にある。平成26年度の総務省のデータによる年代別投票率平成29年1月時点での人口による票数は以下のとおり
投票率,人口は概数で表記。投票数の推計は下記の人口×投票率の計算により算出)

参考:総務省|国政選挙の年代別投票率の推移について

   人口推計平成29年2月20日 総務省統計局

   
年代 投票率 人口 投票数(推計)
20代  32 1250万 400万
30代  42 1520万 638万
40代  49 1900万 931万
50代  60 1540万 924万
60代  68 1800万 1224万
70以上 59 1400万 826万
(70以上は70-79歳のデータ)

このデータからわかるのは,選挙に勝つためには,40代以上にアピールする必要があるということ。子育て世代は圧倒的に少数派であり,票数でいえば20代-30代の合計よりも60代の票数の方が多い。

生産年齢の人の意見よりもリタイアした方にアピールした方が票を獲得しやすいということである。

 

この傾向は今後も続く,というよりむしろ悪化する。

既にご存知の方もいるのかもしれないけれどもデータをもとに10分考えただけで導ける推論だけど,これまで気づかなかった。投票年齢を前倒ししたのもなんかうなづける。

 

頭数で考えると生産年齢人口に分が悪いからね。

 

これを調べようと思ったのは武井壮さんのYoutube動画を見て「物事の価値を生むのは人が求める数だ」という言葉がきっかけです。

 

いくら少子化が問題だ,待機児童が問題だといっても本当に困り感を感じているのは日本人の中のごく一部。ニュースでは大きくとらえられているけれども,日本の国民全体の割合からしてみればそれほど多くないのかもしれない。ちょうど米国でトランプ氏が選挙に勝利したように,メディアでの報道と実際の多くの国民の感じ方は違うのかもしれないと思ったことがきっかけで,ちょっと調べてみようと思いました。

 

少子化を本当に問題としてとらえるのは,子育ての当事者や当事者になるかもしれない若年層に限られていると思います。これを国民全体で考えていかなければならないというふうにするインセンティブを設けるか,本当に問題で解決しなければならないという強力なナラティブを作っていくということが本当に必要だと思います。20年後,やっぱり移民に頼ろうといったときに,優秀な人材が移り住みたいという国に日本がなっている保証はありません。

やはり,まずは我々日本人が日本全体で少子化を深刻な問題としてとらえ,長期スパンの戦いになると理解したうえで積極的に投資をしていくことが重要と志を新たにしました。

 

TOEIC PART1勉強法 TOEICリスニング200点前半の方向け

TOEIC PART1(リスニング)

本日から7回に分けてTOEICの全てのパートの勉強法を解説していきます。

問題集としては公式問題集を使うことを想定しています。

このパートは読まれる英文が短く,聞き取る分量が少ないため,リスニングを苦手としている方が基礎力をつけるにはちょうどよい問題です。30分あれば,リスニングが苦手な方でも,1回分(10問)の問題演習をして復習を完了させるところまでできてしまいます。初めてTOEICを受けるけど何から手を付けていいかわからないというかたはぜひこのパートを満点とれるところまで解きなおしましょう。

では,早速説明に入ります。

出題形式

写真を見て,そのあとに読まれる4つの英文から最も適切に写真を描写しているものを選ぶ問題です。読まれる英文はそれぞれ1文と短く,単語も比較的一般的な単語(ビジネスレベルよりも平易なもの)が用いられる印象です。

勉強法

まずは,問題を解いてみましょう。

その上で,解けない場合は3パターンに分けられると思います。

1.英語が聞き取れない

2.英語が聞き取れるものの意味がわからない

3.意味がわかるけれどもなぜ正答(あるいは誤答)かわからない

PART1の10問のうち,それぞれの課題ごとに対策を紹介します。

5問以上が1にあてはまる場合

英単語の音とスペルが結びついていないことが原因としてあげられます。これを解決するためには,問題文を聞きつつそれをできるだけ似たように音読できるように練習しましょう。また,英語学習の際には,紙の辞書の使用を避け,電子辞書かネット辞書,スマホ辞書で発音機能がついているものを使うようにしましょう。

1に該当するものが4問以下で,2に該当するものがある場合

英語の文法知識または語彙力の増強が求められます。英語は主語(Subject)+動詞(Verb)によって構成されているということを理解しましょう。可能ならSV, SVC, SVO, SVOO, SVOCの5文型を理解しましょう。その上で,スクリプトを見て英文が理解できるかどうか確認しましょう。英文が理解できない場合は文法が理解できないのか,それとも語彙が理解できないのかを分析し,学習しましょう。

1と2に該当するものもあるが自分で解決でき,3に該当するものがある場合

TOEICによくある問題として,パラフレーズした語が読まれるということがあります。例えば以下の絵に対する説明文として

f:id:hyamaz:20170226010107j:plain

A man is repairing a guitar.

A man is playing a musical instrument.

という英文が読まれ,絵では持っているのは確かにguitarっぽいけど,修理している様子はない。でも,musical instrumentって抽象的過ぎだし。などと考えてしまいますが,guitarは修理されてはおらず男性が楽器を演奏しているという描写であることから,より適切な英文は下の方となります。TOEICのPART1では具体的なものを抽象的な表現で言い換える問題がよく出題されます。

また,時制に関するものもよく出題されます。例えば以下の絵に対する説明文として

f:id:hyamaz:20170226010130j:plain

A chair is being moved to the window.

A chair has been placed near the window.

という2つの文が読まれたとすれば,正解は下の方。上の方は,現在進行形になっているので,~されている途中という意味になります。しかし,絵では移動は終わっているので,途中ではありません。したがってより適切な英文は下の方となります。

このように,抽象的な名詞への言い換えや,進行形を中心とした時制の問題が頻出しますので,パターンとして理解しておくとよいと思います。

解答するときのコツ

解答する際は,正答を選ぶというよりは消去法で解いていった方が正答率が上がります。4つの英文を聞いていく中で,これは絶対違うというものを外していけば最終的には2択程度には絞られるはず。PART1,2は消去法という意識で問題を解いていくことをおすすめします。

いかがでしたでしょうか。

次回はPART2について解説します。

効果的なTOEIC勉強法

どうやったら効率よく成績を上げることができるか?

TOEIC受験者の中には,勉強をすること自体が好き,あるいは英語自体が好きで勉強に取り組まれている方も多いです。実際,私も860点がとれたあたりから,英語が好きで勉強しているという感じでした。

しかし,皮肉なことに「好きで勉強している」という場合は成果が出にくいという傾向があります。

それはなぜか?

おそらく,「好き」で勉強しているとTOEICの高得点に求められる知識や技能以外のものも学ぶことになり,ある意味スコアアップのため以外の部分に時間を割くことになるからだと思います。したがって,目的を予め定めておき,それがTOEICのスコアアップなのか,それとも汎用性のある英語力の向上なのかを明らかにしておく必要があります。

ここでは,最短で成果を上げるための勉強法についてまとめます。

0.なぜそれをやるのか(Why?)

何かを達成しようとするときに単なる思い付きでやってしまうと長続きしないというのが私の経験上の原則です。なぜTOEICを勉強するのかという明確な理由がなければ,貴重な時間とお金を使って勉強する必要はありません。まず,この「なぜやるか」という部分を明らかにしておく必要があります。

教員採用試験受験者や就活でTOEICのスコアを求められる方は,まずどのくらいのスコアが求められるのかを調べ,何を達成する必要があるかを明らかにする必要があります。

私の場合は,東京都の教員採用試験の実技試験免除がTOEIC900点以上,英検1級,TOEFLibt100点以上でしたので,これらのうちいずれかを取得しようと考えました。

このうち,英検は合格しない限りは受験料が無駄になってしまうし,TOEFLは難しいうえ,受験料が2万円以上もするので,比較的社会的認知度が高く費用もそこまで高くなくかつ毎回公式スコアが発効されるTOEICに対象を絞りました。

つまり,私の目的は「教員採用試験の実技免除」のためにTOEICスコアを900点以上取得するということになりました。

1.目的の設定(What?)

使い古されたアナロジーですが,目標到達を地図上の目的地までの行き方に例えると,最短距離でわき目も降らずに進むことが最速の秘訣です。到達目標を具体的に定めることがどうやって到達するか,道順を明らかにするときに非常に役立ちます。逆に目標があいまいであると道順を選ぶことが難しくなります。

先述したように私の目標はTOEICで900点以上。このほか,教員採用試験の申込みまでには取得しておく必要があるので,大学3年のうちに900点を達成することを目標にしました。

2.どうやって到達するのか(How?)

目標は決まった,ではどうやって達成するか?

思い立ったのが大学2年の終わりころ。とりあえず,公式テストを申し込んでみました。ほとんど準備もせずに臨んだ初めての試験。リスニング・リーディング両方ともは問題の意味を理解することすらできずに,途中で眠くなり,「早く終わんないかな~」とひたすら鉛筆を転がし続けていた気がします。長文は半分も解けなかった記憶があります。その結果,スコアは550点。このとき,「あんなにいい加減に試験受けても半分以上点数がとれるんだったら,これは1年あれば900いけんじゃない?」と根拠のない自信がわいてきました。

まず私がやったのは,Amazonで最も売れ行きのよかった問題集を探し,同じ本が大学の図書館においてないか探しました。その結果見つかったのが「公式問題集」。問題の形式も解答用紙まで本番とほぼ一緒。ひたすらこれをやり続けてみよう!ということで,方針は「類似する問題を解いてほぼ満点とれれば本番でも同様にいけるだろう」ということになりました。英文法の基礎力を上げるとか単語力を上げるというものではなく,類似する問題を全てとければいけるだろうというかなり単純な方針でした。

3.具体的な実施方法とモチベーションの維持方法(Measures?)

同じ問題をやるのはいいけれども,英語力が限定的だった私にはそもそも何がわからないかがわからないから解けないという当然の疑問にぶちあたりました。これによって一時モチベーションが大幅にダウンしましたが,TOEIC満点を取得された方や高得点を取得された方の勉強を参考にしつつ,自分なりの勉強法を構築していきました。また,もっともモチベーション向上に役立ったのは公式テストを受け続けるということでした。毎回スコアが100点前後上昇していったので,努力が報われる感じがモチベーションの向上に役立ちました。

まとめると,最短で成果を上げるためには「なぜそれをやるのか」を明らかにし,「どのレベルまで達成するのか」を定め「どうやって達成するか」という方針を立てた上で,具体的にどのような方法で取り組み,どうやってモチベーションを維持するかということを考えていくことが必要だと思います。

次の投稿では,「わからないことがわからなかった」いわゆる「できない子」だった私がどうやって状況を打開したか,勉強の具体的な方法をご紹介したいと思います。

TOEIC第217回(2017年1月29日実施分)結果通知!

TOEIC初の990点満点

前回の投稿で初めてTOEICで満点を取った喜びをご報告したところですが,本日成績表が届き改めて満点を実感したところです。

ただ,スコアの詳細を見ると予想していたとおり,リスニングで聞き漏らした3問とリーディングであやふやだった1問は間違っていた模様。全問正解しなくとも満点が取れたというラッキーな例でした。

今回は前回受験時からスコアの有効期限である2年が経過したために受験したので,またあと2年間は受験しなくともよいかな。

f:id:hyamaz:20170224222146j:plain

 

子育ても忙しくなりそうだし。今日,役所から電話が来て,保育室(認可外扱い)に内定したとのこと。家から遠いし,時間外もなく,認可外扱いではあるけれども預けられるところがあって本当によかった。。。

世の中には,値段が少々高くてもよいから質の高い保育をお願いしたい方と値段が安くてとりあえず面倒を見てくれるだけでうれしい人がいると思うので,とにかく預けられるところを増やしてほしい!!自分勝手な話だけれども年度末の決定だと,保育園が現住所よりも遠方に決まった場合,住まいを決めたりするのに結構大変。。。

私の場合であれば命に係わるけがとか,疫病がはやるくらい不潔だったりしなければたいていのことは許容できるし,ぜひ"最低限ここまではやる"というガイドランだけをし示して,あとは寛容にでもいいので区の補助を受けられる保育園を増やしていただきたい。

さて,4月の入園に向けて準備を進めなければ。TOEICの話だったはずが,最終的には保育園不足のグチ+こどもの保育園入園に向けての決意表明になってしまった(´・ω・`)